豚きっきについて

豚きっきは登録商標です。「き」という文字は、餃子発祥の中国では、アハハとかクックックと楽しく笑う声の音を表します。『豚肉にこだわった、おいしい餃子を味わいながら、仲間や家族と楽しいひとときを過ごせる、いつも笑い声が絶えない』そんな店にしたいとの思いから店名に致しました。

豚きっきのおもい

美味しい料理を食べたときの幸せな気持ちは万国共通です。
でも、本当に幸せな気持ちになるためには、美味しい料理と、それらをご提供する店員のマナーやサービス、お店の雰囲気など、全て揃ってはじめて、本当の意味で楽しく笑えるのではないでしょうか?

お客さまの仲間や家族、大切な方たちに、本物の「美味しい笑顔」のひとときをおもてなししたい。

私たち、豚きっきスタッフ全員の願いです。

豚きっきの餃子

一番人気は肉汁たっぷりの肉餃子。苦心の末たどり着いた、お肉46%という黄金比によって、柔らかいのに肉の旨みがたっぷり堪能できる絶品肉餃子に仕上げています。

しかも今回は通信販売限定で、特別に栃木県が誇るブランド肉「霧降高原豚」を使用することで、さらに芳醇な肉の美味しさをご堪能いただける肉餃子に仕上げました。

一度蒸し上げてから急速冷凍する独自の製法で、旨味をギュッと閉じ込めてお届け。 ご家庭でも手軽に本場の味を再現することが可能となりました。

フタバ食品株式会社 下栗工場 工場長 石橋 智

歴史

1980年頃
 餃子の販売を開始
1993年
「宇都宮餃子会」発足
2004年
「豚きっき餃子」のブランド名で、弊社サービスエリア(東北道上河内)にて実演販売開始
2011年
 宇都宮市下栗に新工場設立、日産20,000粒製造の最新鋭機器を導入し、餃子の製造を開始
「豚きっき」が宇都宮市大通りにオープン
2015年
「豚きっき」が宇都宮市宮島町通りに移転

「宇都宮餃子会」正組合員とは

豚きっきは宇都宮の有力餃子店80店舗で構成する宇都宮餃子会員の正組合員店です。宇都宮餃子会では、餃子の製造と販売を行う餃子製造販売業(正組合員)、餃子の製造のみを行う餃子製造業(準組合員)、餃子を仕入れて販売のみをしている餃子販売業(準組合員)の3つのカテゴリーに分けており、「宇都宮餃子会」が名乗れるのは正組合員のみとなっています。

餃子製造販売業:
飲食、または物販に供する餃子を自らのレシピをもとに自社製造、販売(飲食)する業態をいう。
豚きっきは正組合員です

正組合員の資格

  • 宇都宮市内に経営拠点 (本社) がある
  • 宇都宮市内において自社販売 (店舗※本店)
  • 栃木県内において自社製造
  • 営業開始2年以上経過
  • 法人の場合、代表者らで2/3以上の議決権

正組合員のエンブレムと加盟店表示

豚きっき店舗 イメージ
※2001年(平成13年)に「宇都宮餃子」を商標登録。

「豚きっき」本店

宇都宮餃子の老舗も立ち並ぶ、宇都宮餃子ストリート「宮島町通り」にある、「豚きっき」本店。お店に入ると香ばしい餃子の香りが漂います。
また、店舗奥のテーブル席は、大谷石造りの蔵を活かした趣のあるつくり。明るくカジュアルな店内でゆっくりとおくつろぎください。

営業時間 :
  • 平 日11:30 ~ 14:00 / 17:00 ~ 21:00
  • 土曜日11:00 ~ 21:00
  • 日祝祭11:00 ~ 20:00
豚きっき店舗 イメージ
栃木県宇都宮市馬場通り4丁目2-3
TEL : 028-627-2772
  • スペシャルサイト
  • 公式Facebook

カレンダー

2017年4月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤字は休業日です